新座市長へ新型コロナウィルス感染症対策に関わる要望

  • 2020.07.15 Wednesday
  • 13:44

新型コロナウィルス対策について、市長に五回目の要望書を提出してきました。

新型コロナウィルス感染症対策に関わる要望
新座市長 並木傑様                       2020年7月15日
日本共産党新座市議会議員団
団長 笠原進

市民生活向上のために、努力されていますことに敬意を表します。
新型コロナウィルス感染症の陽性患者が再び増加しています。東京都では連日200人を超え、埼玉県でも増加してきました。新座市でも5月10日から0人が続いてきましたが、6月29日に1カ月半ぶりに陽性患者が現れ、この2週間に7人増加しました。「2波が始まった」という専門家もいます。対策を強化する必要があると考えます。緊急経済対策をはじめ、必要な対策を講じなければなりません。下記の対策を講じることを要望します。

1、PCR検査を抜本的に強化してください。
東京では無症状の陽性患者が増加しています。18県知事が提案したように、予防的なPCR検査が必要です。医療・介護・障害者施設・保育・放課後児童保育などの関係者で希望する人には、優先的に公費でPCR検査が受けられるようにしてください。朝霞地区の3市長と相談して、発熱外来PCR検査センターを増やしてください。
2、医療機関への支援を強化してください。
朝霞市では、病院4か所に600万円、診療所70か所に10万円の総額1300万円の医療機関支援金を支給します。新座市でも朝霞市以上の支援金や医療器具の支援をしてください。
3、学校給食費への補助を実施してください。
4、高すぎる国民健康保険税を引き下げて下さい。子どもの均等割を廃止してください。
5、住宅リフォーム助成制度を復活してください。
建設関係の仕事も減って大変です。地域経済の活性化のためにも復活してください
6、就学援助準要保護支援金の第2次分(1世帯に3万円)を支給してください。
7、児童扶養手当の対象外のひとり親世帯を含めすべてのひとり親家庭に3万円を支給してください。
8、介護事業所の従事者、保育園・放課後児童保育室の職員への応援金を支給してください。
9、障がい者施設の授産製品など生産活動や生活サポート事業の減収分を補償してください。
10、「マタニティパス」を交付してください
妊婦の感染予防、移動などの支援(タクシーなどの利用)のため、1万円分の「マタニティパス」を交付してください。
11、乳幼児健診を指定された医療機関以外で受診した場合、事情がある場合は費用を新座市が負担してください。
12、社会福祉協議会が指定管理者になっている放課後児童保育室に、ネット環境を早急に整備してください。
13、今年度のインフルエンザの予防接種は、高齢者は無料にしてください。
14、今年の熱中症対策は例年以上に重要です。十分な対応をお願いします。
15、すでに決定された新座市緊急経済対策(第1弾〜第3弾)は、市民・事業者によくわかるように宣伝して、多くの人に利用されるようにしてください。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM